モテ力

男のファッションには、自分が自慢したいワンポイントが必ずあるはずです。ブランドもののスーツを着ている男性にとって、それはズバリ、ブランドです。
「それ、どこのスーツですか?」「ドルチエなんだ」「かっこいい!ドルチエなんだ」などと会話の中でほめます。
たかがスーツだけど、その男はそれが自慢したくてたまりません。スーツではなくアクセサリーの場合もあります。
シルバーのアクセサリーをつけている男性だったら、それをとりあえず、ほめます。時計でもいいでしょう。
男はけつこうワンポイントにおしゃれするものです。そのポイントが何なのかをすばやくキャッチします。そこが彼のセールスポイントだからです。
もちろん、彼がセールスしたがっているのは、彼自身なのです。そういうポイントに目ざといことも、モテカのひとつです。
これらを踏まえて素敵なパートナー探しを頑張ってください。

頭のよさをほめたら、どんな男もイチコロ
ほめ言葉について、もうひとつ。これはもう最終兵器と呼んでもいいほめ言葉です。
「頭がいいんですね」これです。これで男性はコロリとまいってしまう。
「タフですね」も、男性が喜ぶほめ言葉なのですが、その上をいくのがこれです。
頭のいいことは男にとって勲章のようなもの。ましてや、それを自分以外の人から言われたら、有頂天になってしまうほどうれしいのです。
頭がいい。それはあらゆることに通じるからです。頭がいいから勉強ができる。それだけではありません。仕事ができるのも頭のいい証拠です。
さらに、スポーツでも頭のよさが求められます。スポーツだから体力さえあればいいというものではありません。一流と呼ばれるような優秀な運動選手はみんな、頭もいい。
お金に関してだって、頭のいい使い方とそうでない使い方があります。趣味の分野にだって、頭がいいことが役立ちます。
こう考えると、人が生きていく上で、頭がいいのとそうでないのとでは、大きく差がつきます。

参考:

Comments are closed.