女性は受け身

DY137_L

部屋に男性が来たとき。
あなたは男性にビールを出します。でも、それだけでは不十分です。いくらお酒が好きな男性でも、ただビールだけ飲んでもおいしくはありません。
酒のつまみが必要なんです。そこまで気が回らないと、男性の気持ちを手に入れられません。
つまみをどうするのか?あまり感心できないのは、近所のコンビニに乾きものを買いに行くパターンです。それでも、つまみが何もないよりはましですが。
男性が喜ぶのは、女性がつまみを手づくりするパターンです。手づくりといっても、かんたんなものでかまいません。チーズとハムを切るだけでもいいのです。
冷蔵にある、ありあわせのものを使った、もう少し料理っぽいものなら、もっといいでしょう。サラダのようなものでもいい。
とにかく、ささっとつまみがつくれたら、モテる女性としては合格です。
特に子供のころに、お酒を飲まない父親などのいた家庭に育った女性は、つまみについて知識が少ないので研究しておきましょう。

男の不意をついたキスは効果絶大
男性といっしょにクルマに乗っている。
そんなとき、男は運転に集中しているから、助手席のあなたのことを瞬間的に忘れてしまう。そこで、男性をびっくりさせるようなこんなテクニックが生きてきます。
彼の頬にあなたからキスをします。かなり積極的ですが、なにしろ男としては不意をつかれてしまったので、あなたのするがままです。
また、男性としては最初は驚きますが、すぐにうれしくなります。そんな男性が結婚相談所 比較 にはたくさん集まっています。
まさか、女性がそんなふうにするなんて思ってもいなかったからです。どんな男も、運転中に女性の方からキスしてくるなんて想像しません。
自分が信号待ちなどのときに、女性にキスしてやろうと考える男性はいますが。
女性は受け身というむかしからの常識を壊しましょう。そんな女性に男性は好感を持ちます。
それでいて頬へのキスですから、男性の側もおおげさに受け取らずにすみます。ちょっといたずらっぽいしぐさが、男性のハートをつかんでしまいます。
少し小悪魔的なかんじもするし。

女性といるとき

DY161_L

女性といるとき、男は何を求めているのでしょうか?
セックス。残念!中にはそういう男性もいますが、多くの男性はそれだけではありません。
セックスよりももっとあなたに求めるものそれはいったいなんでしょうか?
安らぎなんです。
仕事での緊張をときほぐしてくれる女性。そういう人を男は求めています。だから、なるべく女性といっしょにいたいと願うのです。
あなたは安らぎが感じられる女性ですか?出会いがない 社会人 には、安らぎを求めている男性がたくさん集まっています。
仕事をしている男は(女性もですが)、いろんなストレスと闘っています。
いくら自分の好きな仕事をしている男でも、楽しいだけではありません。好きなこともいったん仕事になってしまうと、そこにはいろんな問題が起きるからです。
うまくいかない仕事、トラブル、人間関係でのもめごとなど、神経をすりへらすことが、あまりにも多すぎます。
そんなとき男性が、強い女性など求めるでしょうか。求めません。優しい女性、安らぎをくれる女性を求めます。
「彼女といるとホッとできるんだ」と、男性が誰か他の人に言えるような女性が最高です。

お金がない男性に、そっとお金を渡して払わせる
男性といっしょに食事をしたとき、男性にお金がなかったらどうしますか?まず、男がそのことをあなたに言います。
そこで、あなたがふきげんになるようだったら、その恋は長続きしません。
給料日などの関係で男性だって、所持金が少ない場合があります。
それはしかたのないことです。いつもは男性におごられているのだから、そんなときぐらい彼を助けてあげましょう。
レストランなどで、食事の後の支払いのとき。彼が持っていないのだから、わたしが払う。
一見正しいようですが、そんなときでも男を立てられる女性はモテます。どうするかというと、男性にお金をそっと渡すのです。そして、彼に支払ってもらいます。
お金はあなたが出したものでも、お店の人には彼が払ったように見せるのです。結局はあなたが払ったのと同じですが、お店の人はそれに気づきません。
そうやって男を立ててあげる。男はなんて気のきく女性なんだと感心します。
これこそまさに、男が喜ぶツボなのです。

モテ力

DY165_L

男のファッションには、自分が自慢したいワンポイントが必ずあるはずです。ブランドもののスーツを着ている男性にとって、それはズバリ、ブランドです。
「それ、どこのスーツですか?」「ドルチエなんだ」「かっこいい!ドルチエなんだ」などと会話の中でほめます。
たかがスーツだけど、その男はそれが自慢したくてたまりません。スーツではなくアクセサリーの場合もあります。
シルバーのアクセサリーをつけている男性だったら、それをとりあえず、ほめます。時計でもいいでしょう。
男はけつこうワンポイントにおしゃれするものです。そのポイントが何なのかをすばやくキャッチします。そこが彼のセールスポイントだからです。
もちろん、彼がセールスしたがっているのは、彼自身なのです。そういうポイントに目ざといことも、モテカのひとつです。
これらを踏まえて出会い系 サクラいない で素敵なパートナー探しを頑張ってください。

頭のよさをほめたら、どんな男もイチコロ
ほめ言葉について、もうひとつ。これはもう最終兵器と呼んでもいいほめ言葉です。
「頭がいいんですね」これです。これで男性はコロリとまいってしまう。
「タフですね」も、男性が喜ぶほめ言葉なのですが、その上をいくのがこれです。
頭のいいことは男にとって勲章のようなもの。ましてや、それを自分以外の人から言われたら、有頂天になってしまうほどうれしいのです。
頭がいい。それはあらゆることに通じるからです。頭がいいから勉強ができる。それだけではありません。仕事ができるのも頭のいい証拠です。
さらに、スポーツでも頭のよさが求められます。スポーツだから体力さえあればいいというものではありません。一流と呼ばれるような優秀な運動選手はみんな、頭もいい。
お金に関してだって、頭のいい使い方とそうでない使い方があります。趣味の分野にだって、頭がいいことが役立ちます。
こう考えると、人が生きていく上で、頭がいいのとそうでないのとでは、大きく差がつきます。

「結婚したいわ」

DY173_L

「結婚したいわ」という女たちは実は生活をエンジョイしている出ロなしの現代男性―革命がおきる?
「男は大土地所有者と、自作農と小作農、さらにルンペン・プロレタリアートに分かれた」と慨嘆するのは毎日新聞社の四方洋さん。
大土地所有者というのは、女にもてて、複数の女たちと性関係をもてる男、自作農はひとりの妻、小作農は時どき他人の女を借り、
そしてルンペン・プロレタリアートは女がひとりも手に入らない男――というのである。
マルクスではないが富めるものはますます富承、貧しき者はますます貧しくなる。男が女を選ぶ時代なら、小作農やルンペンはいない。
今は結婚相談所 選び方 などで女が選ぶ時代。いい男はいい、と少数の男に女が集まる。四方さんがいくら「ケシカラン」といっても仕方がない。

昔は、男が女を選んでいたが、女が選ぶ形への転換傾向が始まったのは、昭和四十年代の初頭であろうか。時代を現わす雑誌を承るとそれは歴然と分かる。
二十数年前、あの「平凡・パンチ」が出たときは、男が服や髪型を研究する雑誌が出た!と話題になったものだった。だが、今や、男のオシャレ雑誌のオンパレード。
そればかりかちょっと堅めの雑誌にも、イイ男になるための”ハウツウ”が放っているのだ。
あろうことか、「カッコいいデイトスポット」「相手別プレゼント選び・このタイプにはこのプレゼント」「花の贈り方」などなど、
男の雑誌はルンペン、小作農からの脱出をしきりに呼びかけている。

「三十代女性」たちは男の売り込承の、最初の洗礼をうけた世代といって良いだろう。彼女たちの十代の時からそれは始まった。若いころから男に不自由していない。
何といっても相手となったのは、あの「団塊の世代」の大量の男たちなのだから。
男はウジャウジャいた。彼らの二十代後半は年下の女が少なく、その狸得戦は熾烈であった。仕方なく同い年結婚、年上結婚においこまれた。
救いは同い年の女の数もまた多かったことだ。それでもなお、四十を迎える独身男はとても多い。また現在、三十代男性で独身のしめる割合は二割に急増。
この傾向はますます強くなっている。

夫と妻の心理

変換 ~ 007

いわゆるレディー・ファーストが、アメリカの夫姉のあいだの風習となっているのも、一般社会における男性の優越感から生じたものが、夫婦関係にとりいれられた結果であるといえましょう。
さいきん、アメリカで、このレディー・ファーストの風習が少しずつ失われはじめた、といわれるのも、女性の職場進出の増大による経済的地位の向上が、男性の優越感を減少させた結果であるとみることができるでしょう。
妻にしっとの感情があるように、夫にもしっとの感情があることはいうまでもありません。
ただ、妻のしっとが、保身にもとづく独占欲からでるものであるのに対して、夫のそれが、この優越感から由来する独占欲が腺因である、という点にちがいがあるといえましょう。
経済的能力のある夫が、保身について考えるはずがないことはもちろんで、夫はむしろ、その支配下にある妻を独占したいという欲望によって、しっとするのです。いいかえれば、支配権を無視されることに対する怒りの感情が、夫のしっとだということです。
以上にみてきたような夫の心理は、どの夫の心にも、いろいろな強さと組合わせでひそんでいるものとおもわなければなりません。そして、劣等感や優越感をともなう心理が、男女平等を原則とする現代において、けっして夫にも妻にも真の幸福をもたらさないものであることが明らかである以上、それらをどうしたらとりのぞけるかを考えることが、必要となってきます。
もちろん、現代の結婚が、本質的に矛盾をはらんだものであり、その意味で問題の根本的な解決は不可能である、といえるかもしれません。しかし、結婚をよりよいものにするための方法はあるのです。それが、妻の心理について述べたときに示唆した方法と同じものであることは、賢明な読者のすでに気づいているところにちがいありません。
素敵なパートナーにで、出会っても幸せに付き合うには努力が必要です。
妻も経済的能力をもつようになることは、夫も妻もともに経済的責任を分けあうことでもあり、いずれが優位に立つということもなく、お互いに平等な立場で結婚生活をきずくことを可能にする唯一の方法であるといえます。いわゆる共かせぎ結婚に、少なくともここにあげたような夫の心理や妻の心理が、存在しえないであろうことは明らかだといえましょう。

極上オトコにとってスペシャルなオンナとは

DY051_L
言葉じゃなくて、行動でフォローするオンナにぐっとくる
極上オトコに対しては、他のオンナがやるようなことをやっても効果なし、だ。
だったら、カレにとって「足りない部分や欠点を指摘するオンナ」は、果たしてスペシャルなオンナになるだろうか・・・?
確かに、自分のことを思っているがゆえに、足りない部分を指摘してくれるのは、プラスなことは頭ではわかっている。
でも、言葉の選び方や伝えるタイミングなど、相手に誤解されないように注意しなきゃいけないね。オトコ側にしたら、かなり微妙なラインかもしれない。
なぜなら、オトコはもともとプライドが高い分、傷つきやすい生き物。基本的に自分の欠点を指摘されるのは、あまり好きじゃない。
例えば、オレのスーツの袖に糸くずがついていたとする。そのとき、「ゴミがついてるよ」と、指摘するオンナより、そっと取ってくれるようなオンナがいいね。
糸くずを見つけたら、言葉で言うんじゃなくて、黙って取ってくれ、と思うのがオトコ。それができるのが、イイ女なんだよ。
オレ自身も、そういうことは普段から気をつけているよ。
現場でからみの撮影が終わったあと、助監督に「おい、バスローブ!女優さんにかけてやってくれ」と言うのは、本当のやさしさじゃない。
そう思ったら、バスローブをそっとかけてあげるのが、本当のやさしさ。言葉では何とでも言えるから。
まあ、それに気づけるのも、やさしさの第一歩だとは思うけど。言う前に、行動でフォローするほうが、何倍も相手の心には響くよね。
また女性がよくやりがちな「大丈夫?」とか「頑張ってね」って言葉。あれも、言われすぎると逆にプレッシャーになる。
それだったら、さりげなく栄養ドリンクを差し入れて「お疲れ様」って言うとか「頑張ってね」の代わりに、
カレの好きな音楽のCDをプレゼントしたほうが、オトコは嬉しいし、元気をもらえると思う。
これを単なるテクニックじゃなくて、その場にあった振る舞いでフォローできるオンナなら、オトコは絶対に、離したくなくなるよ。
言葉よりも、行動で自分への愛情を示してくれるオンナこそ、スペシャルなオンナなんだ。
出会いはここ→に、たくさんあるので、相性が合う人がきっと見つかります。

極上オトコから選ばれるオンナになるには

DY050_L
男前に顔をほめても効果なし。二番目の長所をほめよ

オンナからモテるオトコは、普段からいろんなオンナが、自分を中心に取り巻いている。当然、自分のいろんな部分をほめられてるから、ほめ言葉には慣れている。
「背が高いですね」「脚が長いですね」「筋肉がついててたくましい」「仕事ができますね」「お金持ちですね」など、モテオトコヘの賛辞はさまざま。
でも、オレは女の子たちにいつも言ってるんだ。例えば、顔がかっこいい男前に対して顔をほめても効果がないよ、って。
例えば、10人中9人のオンナが、男前の奴に「かっこいいですね」とほめたとして、残りの1人が、顔以外の「ユーモアのセンスが抜群ですね」とほめたとする。
すると、オトコにとって印象に残るのは、顔以外に自分をほめてくれたオンナだょ。だからオレも、巨乳の子に「キミ、おっぱいデカイね」とは言わないようにしている。
そんなセリフは、いくらでもまわりのオトコたちから言われているだろうから、印象はゼロになる。
それに、巨乳の子ほど、じつは、おっぱいがデカイことを「イヤだ」と思っているケースも多い。
そういう相手に対して、おっぱいを下手にほめても嬉しいとは思われないよね。顔のいい男前も、じっは「顔だけをほめられる」ことに、
嫌気がさしているオトコは多いもんだよ。オトコにとって、生まれつき顔がいい、ということだけをほめられるのは、中上身がないみたいで、嬉しくないほめ言葉なんだよね。
極上オトコに対しては、その相手の一番目立つ長所よりも、あえて2番目の長所をほめてみる。
できれば、そのオトコが、自分自身ではあまり気づいていない長所を言うと、「オレのことを、そんなに深く理解してくれたんだ」と、嬉しいはず。
とびきりの美人が自分の美貌をいっさいほめないで、自分の考えや生き方を認めてくれるオトコに簡単になびいてしまうケースも、同じような心理からなんだろうね。
モテるオトコを手に入れるには、つねに見えないライバルとも闘わなくちゃいけない。だったら、他のライバルと同じことを言ったり、やったりしても効果なしってことだ。
自分だけが見つけた相手の利点を効果的にほめることが、最後にスペシャルなオンナになる秘策だね。
これを読んでいれば、ここ→で、出会った人はあなたから離れられないかも。

オトコはやっぱりマザコンか

DY049_L
極上オトコは母性本能を上手に活用して操縦する
ある女の子がオレに会うなり、こんなグチをこぼした。「もう、聞いてくださいよ。
私のカレが『これ、おふくろが買ってくれたシャシなんだ。似合う?』って自慢するんですよ。カレったら、完全にマザコンですよね!」
この手のグチは、いろんなオンナからよく聞かされてきた。そのたびに、「オトコはマザコンだよ」と、答えてる。オレがそう言うと、
ほとんどの女の子たちは、「あl、やっぱり。マザコン男なんてヤダ、ヤダ」と言うんだよね。
例えば、いい年齢にもなっても、母親と一緒の布団で寝てますとか、|緒にお風呂に入ってます、みたいな極端なマザコンは問題。でも、よく考えてみてよ。
オトコは母親のお腹から産まれて、母親のおっぱいを吸って大きくなったわけでしよ。オトコにとっての「異性」のはじまりは「お母さん」なわけだよね。
オトコが最終的に、自分の母親に似た女性を選ぶというのも、自分を産み、育ててくれた母親に似た女性に対する安心感を、無意識に感じ取っているから。
オンナの場合も、同じことが言えるわけで、「異性」のはじまりは「お父さん」なんだ。女の子は、「自分のお父さんみたいなオトコは、嫌だ」
とか言うけれど、全く違うタイプのオトコとつき合っても成就しないケースが多い。オレの場合も、母性本能が強くて世話焼きの母親に育てられたこともあって、
これまでつき合ってきたオンナは、やっぱり母親に似たタイプの女性が多かった気がするし。だから「オトコはマザコン」ということを、単に毛嫌いするんじゃなくて、
それをプラスに使えばいい。まずは、キミが狙っているオトコの母親が、どういうタイプかリサーチする。
会う機会があったら、実際に会ってカレの母親と仲良くなってみる。性格や雰囲気をすべて真似する必要はないけれど、
同じ女性として「こういう部分は素敵だな」と思える部分があったら、自分に取り入れてごらん。カレの母親のエッセンスを取り入れることで、
カレはキミにますます「安心と信頼」を寄せるはず。これは、オトコをトリコにする最強のワザだね。
出会いはここに→いくらでもあるけど、出会った人といつまでも仲良くいられるかはあなた次第です。

私との話ができない夫

DY048_L

妻三十歳、病院秘書。夫三十一歳、営業マン。夫は、他の古径には自分の仕事のことなど話をするのに、ジェーンのことは馬鹿扱いして全然賭してくれません。
二人のコミュニケーションをはかるにはどうしたらよいでしょう。

「夫は私をまるで馬鹿者扱いするんですよ。夫が話すことなど私に分かるはずがないって言うんですね。
他の女性には自分の仕事のことなどを話したりしているんですけど、私には全然話してくれないんです。
私が大学に行ってないために、話し相手にならないと思っているみたい。だからといって、私は夫が話をする他の女性とくらべて劣っているとは思えません」
夫についてこんな不満を述べるジェーンは三十歳の、やせ気味で、目はブルー、ブロンドの髪を長くたらした、
カレッジのチア・リーダーのような雰囲気を持った女性です。
夫のジョーは三十一歳、コンピューターのソフトウェアのはえ抜きの営業マンです。
ジョーが大学の最終学年の時には家計をまかなうためにジェーンは仕事につき、働きました。
コンピューターの会社に就職したジョーは、数年後には会社にとってはなくてはならない存在になっていたというのです。
一方、ジェーンは街の病院の秘書として働いていました。二人は、そろそろ子供を持ちたいと考えています。
他の女性と自分を比較して、自分は劣っているわけではないと言った時のジェーンの話しぶりには、なにか自信がないような感じを受けたので、
私は、そのことを指摘してこう言いました。「先ほど、他の女性と比べて、自分は劣っていないとおっしゃった時に、なにか自信なさそうな言い方でしたが・・・。
侮辱された感じになるのは分かりますが、別にジョーに対して、あなたの知性を証明する必要なんかないんじゃないですか?
証明する必要があるのは、むしろ、あなた自身に対してだと思いますよ」「でも、夫は私を笑い者にするんですよ。そんな時には、どうしたらいいんですか?
無視するんですか?」
「まあ、こういうことじゃないんでしょうか。あなたを笑い者にするのは、おそらく、その他の方法であなたに接する手段を知らないからじゃないんですか。
まず、そのことに気づくことが、大事だと思いますが」「ジョーがですか?会社ができてから、最初の、最年少の営業支店長になったというジョーがですか?
彼が他に方法を知らないですって?先生、冗談でしょう?」「私が言っているのは仕事上の技能のことではないんですよ。
自分にとって大事な人に自分の考えや思いを伝える技能のことを言っているんですよ。要するに、あなたにどう話をしたらいいのかを知らないということなんです」
夫婦間で問題が発生したら、解決までは精神的にも肉体的にも大変ですので、で、相性ピッタリの結婚相手を見つけましょう。

コミュニケーションを改善する方法1つとその他

DY047_L
上手な質問―質問にも技法があります。質問したい時にはこんなふうに始めます。
「ちょっと尋ねたいんですが、いいですか?」相手の目を見ながら聞きます。
相手が話していることの具体的な例を尋ねます。たとえば、「どうすればあなたに喜んでもらえるんですか?」とか、
「いつ頃から、問題を感じ始めたんですか?」など。ほんとに尋ねたい気持ちがなかったら、こういう質問はすべきではありません。
また、皮肉な言い方や質問で、対決の意図をカモフラージュするのも避けた方がよいでしょう。たとえば、「あなたが間違っていたと思いませんか?」など。
さらに、相手の反対をそそるとか、烈しい議論を招くような尋ねかたも避けるべきです。
このような質問の技法は、双方の怒りが抑えられるようになった後に用いた方がよいと思います。
というのは、状況を明確に判断し、事実を確かめ、代替案や、可能性を考えたりするには頭が冷静でなければならないからです。
もう一つの質問の技法として、物事の明るい面を見た質問をするというのがあります。たとえば、「そのことにいい面もあると思いますけど」などです。
また、相手の自己防衛的態度の理由を尋ねるような質問、たとえば、「なにか、私の言ったことで感情を害したんですか?」や、
相手に援助を申し出る質問、たとえば、「どうしたら、いいんでしょう?」、「私にできることがあります?」なども効果があります。

五つの技法を要約してみましょう。
一、話す時間を約束する。具体的な時間を決めて話し合う。まず、家事のことなど小さな問題から始める。それから大きな問題を。
二、読書療法。問題解決の動機づけのために、話し合いのきっかけを作る。(問題解決を目標にしたものなので、あえて療法といった名称を用いる)
三、朗読。相手が関心を持っているテーマに関するものを声を出して読む。ソフトな読み方が大事。
四、積極的傾聴。相手の話を傾聴するというモデルを示し、相手にも自分を傾聴してもらう。
五、上手な質問。相手の考えを理解するために、具体例を話してもらうように尋ねる。同じような質問を相手から受けることも歓迎する。
結婚に悪いイメージを持っていても、一歩踏み出してください!から結婚相手を探せば、あなたに合った探し方も探せるので不安や悩みも解決してくれるサービスを見つけられます。