女性は受け身

部屋に男性が来たとき。
あなたは男性にビールを出します。でも、それだけでは不十分です。いくらお酒が好きな男性でも、ただビールだけ飲んでもおいしくはありません。
酒のつまみが必要なんです。そこまで気が回らないと、男性の気持ちを手に入れられません。
つまみをどうするのか?あまり感心できないのは、近所のコンビニに乾きものを買いに行くパターンです。それでも、つまみが何もないよりはましですが。
男性が喜ぶのは、女性がつまみを手づくりするパターンです。手づくりといっても、かんたんなものでかまいません。チーズとハムを切るだけでもいいのです。
冷蔵にある、ありあわせのものを使った、もう少し料理っぽいものなら、もっといいでしょう。サラダのようなものでもいい。
とにかく、ささっとつまみがつくれたら、モテる女性としては合格です。
特に子供のころに、お酒を飲まない父親などのいた家庭に育った女性は、つまみについて知識が少ないので研究しておきましょう。

男の不意をついたキスは効果絶大
男性といっしょにクルマに乗っている。
そんなとき、男は運転に集中しているから、助手席のあなたのことを瞬間的に忘れてしまう。そこで、男性をびっくりさせるようなこんなテクニックが生きてきます。
彼の頬にあなたからキスをします。かなり積極的ですが、なにしろ男としては不意をつかれてしまったので、あなたのするがままです。
また、男性としては最初は驚きますが、すぐにうれしくなります。そんな男性がたくさん集まっています。
まさか、女性がそんなふうにするなんて思ってもいなかったからです。どんな男も、運転中に女性の方からキスしてくるなんて想像しません。
自分が信号待ちなどのときに、女性にキスしてやろうと考える男性はいますが。
女性は受け身というむかしからの常識を壊しましょう。そんな女性に男性は好感を持ちます。
それでいて頬へのキスですから、男性の側もおおげさに受け取らずにすみます。ちょっといたずらっぽいしぐさが、男性のハートをつかんでしまいます。
少し小悪魔的なかんじもするし。

参考:出会い アプリ

女性といるとき

女性といるとき、男は何を求めているのでしょうか?
セックス。残念!中にはそういう男性もいますが、多くの男性はそれだけではありません。
セックスよりももっとあなたに求めるものそれはいったいなんでしょうか?
安らぎなんです。
仕事での緊張をときほぐしてくれる女性。そういう人を男は求めています。だから、なるべく女性といっしょにいたいと願うのです。
あなたは安らぎが感じられる女性ですか?安らぎを求めている男性がたくさん集まっています。
仕事をしている男は(女性もですが)、いろんなストレスと闘っています。
いくら自分の好きな仕事をしている男でも、楽しいだけではありません。好きなこともいったん仕事になってしまうと、そこにはいろんな問題が起きるからです。
うまくいかない仕事、トラブル、人間関係でのもめごとなど、神経をすりへらすことが、あまりにも多すぎます。
そんなとき男性が、強い女性など求めるでしょうか。求めません。優しい女性、安らぎをくれる女性を求めます。
「彼女といるとホッとできるんだ」と、男性が誰か他の人に言えるような女性が最高です。

お金がない男性に、そっとお金を渡して払わせる
男性といっしょに食事をしたとき、男性にお金がなかったらどうしますか?まず、男がそのことをあなたに言います。
そこで、あなたがふきげんになるようだったら、その恋は長続きしません。
給料日などの関係で男性だって、所持金が少ない場合があります。
それはしかたのないことです。いつもは男性におごられているのだから、そんなときぐらい彼を助けてあげましょう。
レストランなどで、食事の後の支払いのとき。彼が持っていないのだから、わたしが払う。
一見正しいようですが、そんなときでも男を立てられる女性はモテます。どうするかというと、男性にお金をそっと渡すのです。そして、彼に支払ってもらいます。
お金はあなたが出したものでも、お店の人には彼が払ったように見せるのです。結局はあなたが払ったのと同じですが、お店の人はそれに気づきません。
そうやって男を立ててあげる。男はなんて気のきく女性なんだと感心します。
これこそまさに、男が喜ぶツボなのです。

出典:

モテ力

男のファッションには、自分が自慢したいワンポイントが必ずあるはずです。ブランドもののスーツを着ている男性にとって、それはズバリ、ブランドです。
「それ、どこのスーツですか?」「ドルチエなんだ」「かっこいい!ドルチエなんだ」などと会話の中でほめます。
たかがスーツだけど、その男はそれが自慢したくてたまりません。スーツではなくアクセサリーの場合もあります。
シルバーのアクセサリーをつけている男性だったら、それをとりあえず、ほめます。時計でもいいでしょう。
男はけつこうワンポイントにおしゃれするものです。そのポイントが何なのかをすばやくキャッチします。そこが彼のセールスポイントだからです。
もちろん、彼がセールスしたがっているのは、彼自身なのです。そういうポイントに目ざといことも、モテカのひとつです。
これらを踏まえて素敵なパートナー探しを頑張ってください。

頭のよさをほめたら、どんな男もイチコロ
ほめ言葉について、もうひとつ。これはもう最終兵器と呼んでもいいほめ言葉です。
「頭がいいんですね」これです。これで男性はコロリとまいってしまう。
「タフですね」も、男性が喜ぶほめ言葉なのですが、その上をいくのがこれです。
頭のいいことは男にとって勲章のようなもの。ましてや、それを自分以外の人から言われたら、有頂天になってしまうほどうれしいのです。
頭がいい。それはあらゆることに通じるからです。頭がいいから勉強ができる。それだけではありません。仕事ができるのも頭のいい証拠です。
さらに、スポーツでも頭のよさが求められます。スポーツだから体力さえあればいいというものではありません。一流と呼ばれるような優秀な運動選手はみんな、頭もいい。
お金に関してだって、頭のいい使い方とそうでない使い方があります。趣味の分野にだって、頭がいいことが役立ちます。
こう考えると、人が生きていく上で、頭がいいのとそうでないのとでは、大きく差がつきます。

参考:

「結婚したいわ」